K-70と歩こう『ひとり万博記念公園』

最終更新日

晴れた日が続き、陽の光は汗ばむほどだけれども、だいぶ過ごしやすくなってきて、絶好のカメラ日和です^^

旦那は仕事だったので、今度はひとりで『万博記念公園』まで行ってきました。
とはいっても、約260ヘクタールある広さの公園内の一部“自然文化園”の、さらに北西にあるエリアしか歩いてないんですが。

赤いラインが歩いた足跡

理由は、撮影時間を1時間~1時間半と決めて、あまりがっつり深入りしないルールで臨んだからなんです。

好い天気。風は涼しくて過ごしやすい

平日だからか、人気が本当に少なくて、のんびりと散策できました。

なかなか、撮影ポイントが掴めずに、どこをどう切り取っていけばいいか…ファインダーを覗き込みながら悩む。。。

松の池で鯉を見つけるも、カメラを構えると途端に猛スピードで泳ぎ逃げまくる鯉さんに翻弄され…

逆にトンボさんは、人の気配にも臆することなく優雅に飛び交っておりました。…おっと、ふたりの大事な時間を邪魔しちゃったかな^^;

次に向かおうと一歩踏み出すと、「キチキチキチ!」と鳴きながら飛び立ったバッタさん。

バッタ

ちょっと小柄なショウリョウバッタかな? ふだん見かけないので感動w 自然豊かな公園内は、たくさんの昆虫や鳥さんの住処。お邪魔しちゃってごめんね。

「野鳥の森」の看板にすごく惹かれたのですが、鬱蒼と茂る木々の中を独りで入っていくのが躊躇われ、今回はパスしました。きっとどこかに通路があったハズなんでしょうけれど、次回の楽しみってことで。

野鳥の森の左手に入ると、かすかに見覚えのある景色が広がっていました。

ずいぶん前に、来たことあるかも。でもその時はもう少し綺麗だったようなイメージ。歳月が経って、遺跡みたいになってるなぁ…。嫌いじゃないけど。

泉のそばには何匹か赤とんぼが飛び交ってて、わたしの目の前でお尻をあげるポーズをしていたので、面白くて撮りました。

あと、これ、ピントがもっと合ってれば、きれいな絵になったと思わない? それと、数枚撮るべきだよね。。。まだまだへたくそですな。

ここらへんで時計を見ると、開始からだいたい1時間20分ほど経っていて、これ以上はリミットかなということで、お開きにしました。

帰り道、小鳥さんを撮ったけれどもズームが足りない… これ以上近づくと逃げちゃったので、気配を消す練習でもしようかなw

そのほかの写真は、後日アルバムにあげます。

kitsugi

シェアする