アレルギーとわたし

一緒になって二カ月が経ちました。
思いのほか精神的に落ち着いてきていて、不安はまったくないといえば嘘になるかもしれませんが、日々楽しく過ごしています。
敢えて言うならば、手指のアレルギーが絶賛稼働中のため、思っている以上に家事がこなせないところが難点ですかな。面倒くさがりなうえ、水を使うのがキツくて、普段以上に重い腰をあげられないというか… 言い訳にすぎませんけども。

はっきりとした病名を確認したわけではないのですが、カルテをチラ見してみるに、わたしは「接触性皮膚炎」「アトピー性皮膚炎」で、とくに指先に症状が顕著に現れます。
かぶれる成分は多種多様で
・紫外線
・化学物質が含まれる液体(洗剤、シャンプーなど)
・化学物質が含まれる個体(化粧品、石鹸など)
・金属系
・化学物質が含まれる気体(タバコの煙、香水、芳香剤、PM2.5や黄砂が舞っている空気、排気ガスなど)
・温泉(塩素系、鉄分が強いお湯、消毒剤の濃度が高いお湯)
・食料品に含まれる性分(とくにジャガイモ、たまねぎ、最近は豆腐が辛い)
・調味料に含まれる成分
・自分の体液(汗、血液、唾液など)
年齢を重ねるごとに、ダメな成分が増えていってる気がしないでもありません^^;

ただ、これらはなるべく避けることができます。気体に触れたくなければ、マスクやスカーフ、手袋靴下などでガードしちゃえばよいわけで(夏はめっちゃ暑いけどね…)。一番厄介なのは、“水”にかぶれることです。
水道水に関しては、各都道府県というよりも市町村レベルで水質が違うので、合う合わないがはっきりとわかります。現在住んでいる地域では悪化しないほうなので、とても助かっています。
雨水も時には凶器になります。

それでも、わたしは表面上の炎症で済んでいるので症状的には軽い類だと思うんですけどね。なぜなら、食料品の多くは、触れたときにかぶれても、口に入れると特に問題はなかったりしますし、化学物質が含まれる気体に対して喘息など内面的な症状はあらわれないからです。
(実は食べたら発疹が出る食材もあるけどそこはスルーで)

かつては顔がパンパンに腫れ上がり、やけどのようにただれるなど、一応女の子としては辛い時期もあったんですが、いまは落ち着いています。油断すると発疹が出ちゃうので、顔だけは神経使ってます。ファンデーションより上の色付けより、ファンデーションに至るまでの下地にね。

インターネットで調べるに、もしかすると歯科治療で金属のかぶせを使用しているので、それが原因で金属アレルギー反応が出ているのかもしれませんが、詳しく検査したことがないのでわかりません。
死ぬまでに一度徹底的に調べてみるのも手かなぁ。

kitsugi

シェアする