観光ログ『1日目-高松』

最終更新日

1週間前までの天気予報だと、まともに雨!だったのですが、うまく早まってくれて、出発時には見事な晴れ空になりました。それもいい相乗効果を生んで、久しぶりに新幹線に乗っての旅行、わたしは元より旦那のテンションも上がりっぱなし。本当に楽しかったです。

1泊2日の初日。
新幹線で岡山まで向かい、マリンライナーに乗り換えて瀬戸大橋を渡りました。

もちろん指定席じゃなくて“自由席”ですけどね^^;

車窓から瀬戸内海を眺めて。鉄橋の柱が遮ってても絶景でした。

着いた先は、高松駅。駅を撮ろうと振り返ると、笑顔が見送ってくれました。

琴電に乗って、初日の目的地『栗林公園』へ。

(想像してた以上に広くて、撮った画像も多いので、別記事にまとめます)

途中、お茶菓子をいただいた以外は、ほぼぶっ通しで散策していたため、今回の宿泊先「クレメントイン高松」へ着くころにはフラフラ。しかし、わたしがシャワーを浴びて一寝入りしている間に、旦那は琴電の写真を撮りに行ってました。元気だな…

その後、旦那がひと通り撮り終わり部屋に戻ってきていたことなんか気づかないほど爆睡していたため、かろうじて復活。今回は素泊まりコースなので外で夕食を、ということで、高松市内を歩きました。

初めに目指していた回転寿司屋さんが見つからず、ホテルスタッフにお勧めされたもう一軒の店へ。

入り口からして高級感漂っており怯むわたしと、臆せず入る旦那。入ってみれば、大正解でした。

カウンター席に囲まれた真ん中の大きめの水槽には、生きのいい魚がたくさん泳いでいて、注文が入ると一匹ずつ網ですくわれていきます。なかには賢い魚もいて、群れの中に紛れたり、大きな魚の陰にかくれたり、その逃げ惑う様子を眺めながら魚が調理されるのを待つ… なんともシュールな絵面。

そして運ばれてきた料理は、ホテルのフロントマンが勧めてくれただけあって、絶品でした。エビフライもふかふかで衣は軽く、タルタルソースとトンカツソースの2種類添えてくれる心配り。…先ほどまで元気に泳いでいたであろう魚がネタになったお寿司、新鮮で身も締まっていて美味。大満足でした。

ホテルにしても、温泉が無料で入れたり、部屋もわりと居心地がよかったし、終始ご機嫌な初日でした。

kitsugi

シェアする