K-70と歩こう『京都鉄道博物館』

最終更新日

絶賛、梅雨真っただ中。だけれども、写真も撮りたい… ならば天候に左右されない屋内の施設に行こうということで、京都まで足を運んできました。

こちらです。今回はちょっと画像多めでお送りします。

かつては現役でレールの上を走っていた車両がいくつか並ぶ中、車体よりも部品に目が行くわたし。

旦那が思い入れのある車両を写している近くで、信号機のアングルに苦戦したり、

意味も分からないくせに記号を写してたり、

車輪が気になってみたり。

都度、旦那が説明してくれてた気がしますが、まったく覚えていません^^; ごめんなさい。

これは… 車両番号かしら??

メカニックのことなんかよく知らないのに、見た目だけでカッコいいとかイケてるとか興奮してみたり。

運転席にも触れました^^

普段は絶対に見ることのない、車体の下側を見上げて。

知らないなら知らないなりに、もう少し知識を得てから見に来るとまた違った発見があるかもしれません。

お昼は、食堂車を体感できるような飲食店で、ランチをいただきました。

う~ん、オシャレでそれらしい雰囲気♪ …って、食堂車体験したことないけどw 中身はたぶん、レトルト…

そのあとは2階へ上がり、たまたまタイミングよく開始時刻間近だったのもあり、鉄道ジオラマショーを楽しむことにしました。

オペレーターのお姉さんが、解説をしながら次々に停車している車両を動かしていきます。実物の1/80でも、なかなかの迫力でした… それを伝えられる写真じゃなくて申し訳ない^^;

そのあとは扇型車庫へ向かい、SLを眺めました。

乗りたかったなぁ、本音を言えば。

すぐ隣を現役JR車両や貨物、新幹線が駆け抜けてたり、かなり絶景で飽きない施設だったと思います。敷地内は広くて、まだ見ていない箇所もあったかもしれません。

またの機会があれば、ぜひまた連れてって欲しいかも。

kitsugi

シェアする