お泊りデート『神戸ポートピアホテル』

最終更新日

Listening QUEEN in KOBE…とかって、怪しげな英語タイトルつけようかと思ったのだけど、文法が合ってるかサッパリわからんのでやめました。

というのも、『ボヘミアン・ラプソディ』を観に行った翌日、一泊二日で『神戸ポートピアホテル』へ泊りに行ったのですが、その間ずっとQUEENの曲を聴いていたのです。ドハマリです。

ちなみに前回の記事は、映画を観た後の率直な感想だけれども、読み返したら、大人が書いたとも思えないほど陳腐で大筋からズレてる内容でとっても恥ずかしいですが、消さずに残しておきます^^; 鑑賞前にいろいろ調べていた割には、解釈が浅かったなぁと。

…あ、QUEENは置いておいて、お泊りの話ですね。

ポートピアホテルは、実は去年も同じ時期に行っていまして、その時は、旦那の人生の転換期でもあり、ふたりの中ではとても印象深い場所でした。2回目となると新鮮味には欠けるけれど、わたし自身は“非日常”を味わえてとても幸せでした。

ロビーもきれいだし、部屋も広いし。で、なんと、偶然にも去年泊まった部屋と同じ部屋だったのでビックリしました。旦那はもっと広かったイメージだったけどなぁ、と、ちょっと訝しげに部屋を眺めていましたけど。

しばらく、音楽を聴きながら窓の外をジッと眺めておりました。今回は、寒かったのと出発が遅かったのもあって周辺を散歩するという選択肢はありませんでした。会話のほとんどはQUEENの話^^;

その後、食事の前にお風呂に入って体を温めて、「スカイグリルブッフェ GOCOCU」へ。

今回は窓から夜景が見えるいい席を案内してくださいました(前回は、レストランの中央にある席でした)。

どの料理も上品で美味。ちょっとハイソすぎて口に合わないものもあったけれど^^; 中でもサーモンやブリなど、お魚がおいしかった。まぁ、体格的に好きそうでいて、わたし自身はあんまり牛肉食べないのですが(噛むのに疲れる)、ローストビーフはよかった。やわらかいからね(歯弱すぎやろ)。

場所がいいので、機械で挽くタイプじゃないコーヒーをいただきたかったなぁ。。。というのがちょっと残念なところ。

入口も、おしゃれですよね^^

夜も、少しだけテレビを観たあと、部屋で夜景を見ながらずっとQUEENの曲を聴いていました。

今回は本当に、食べて寝るだけ、の旅行でした。旅って言わないのかもしれませんが。でも、普段は味わうことができない景色がこんな近くにあって、ちょっと頑張れば来れる。それだけでも今の環境は恵まれてるなぁと思います。

好い街です。神戸は。

このオムレツふわふわで最高でした^^ こんなふうに優雅な生活したいねぇ。これからでも遅くないのかしら、ここをずっと目指して生きていきます。死ぬまで。

…たぶん。面倒くさがりが発動しなければ(苦笑)。

kitsugi

シェアする