日々雑感『難聴と交換レンズ』

最終更新日

とっても美味しい?イソソルビドですが、とあるブログで目にしたジュースと混ぜる方法で、何とか処方されている分をちゃんと飲めております^^;

ピーチ味が一番合います。

後味も悪くなくて、すっきり飲めたときの感動といったらありません。大袈裟ですけど。いや、大げさに書きたくなるくらいのテイストなんですよ、マジで。

で、せっかくの休みの日は大事をとって家で過ごし、ベランダから見える日常の空を眺めては撮影に行きたくなる衝動にかられながら、悶々としとりましたよ。

こんな感じで、何枚か撮ってみるも、映し出されるのはごくごく普通の空で、数枚で飽きる始末。

というか、空を撮っていたら今度は広角レンズが欲しくなってきました。高倍率ズームをGETしたすぐあとというのに。恐ろしい。恐ろしいですよ。カメラの魅力にズッポリと捕らわれております。

いま欲しいレンズは

  • HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited
  • HD PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited

この二つ。もうちょっと古い「smc PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited」も好いなぁと思うけれど、こちらは中古品しかないかも…。あ、あと、タムロン「SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 DiII(Model:B001)」も気になります^^

で、この1か月半ほどK-70と戯れていて、気づいたこと。自然を撮っているときは、その艶やかな描写にPENTAX好きだなぁと思っていたのですが、わたしの感覚だとNikonのほうが合うんじゃないかな~と。もう少しだけ柔らかな写真を撮りたいんですよね。とかく、たくさん枚数撮って腕を磨けばいいだけかもしれませんが。

そうそう。
新しくGETしたSIGMAちゃんですが、月を撮るときのピント合わせがしづらかったです。シャッター押してから作動するまで間があって、ウゥ~ン…と唸ったまま動かなくなってしまったので、本当に焦りました。壊れたかと思った。。。

もう無理はさせないようにしよう。大事に大事に。

前に50-200mmで撮ったときと比較してみました。

前のほうがSIGMAちゃんなんですが、ピント合わない動揺が表れててボケてますね^^; 50-200mmは色味が白っぽいけれど、しっかりと捉えられてます。ちなみに、どちらもトリミングです。

標準ズームと望遠ズームは構造が違うんだなと、改めて知りました。

ぬぅ、やっぱ望遠ズームも欲しい。欲しいが… 値が張るので、資金に余裕が出るまで我慢だな(買うなら妥協したくない)。本当にカメラは贅沢な嗜好品です。

kitsugi

シェアする